第17回在宅医療推進フォーラム

開催概要

タイトル 第17回在宅医療推進フォーラム
~Withコロナ 今こそ在宅!底力(ポテンシャル)!~
日時 2021年11月23日(火・祝)12:45~17:00(開場12:00)
開催形式 会場開催 および YouTubeライブ配信
場所 東京ビッグサイト 会議棟7階 国際会議場
(〒135-0063東京都江東区有明3丁目11番1号 東京ビッグサイト内)
定員 300名
開催内容 プログラム
主催 国立研究開発法人国立長寿医療研究センター
公益財団法人在宅医療助成勇美記念財団
共催 一般社団法人日本在宅ケアアライアンス(JHHCA)
 全国在宅療養支援歯科診療所連絡会、全国在宅療養支援診療所連絡会、全国訪問看護事業協会、
 全国薬剤師・在宅療養支援連絡会、日本介護支援専門員協会、日本ケアマネジメント学会、
 日本在宅栄養管理学会、日本在宅ケア学会、日本プライマリ・ケア連合学会、
 日本訪問リハビリテーション協会、日本老年医学会、日本訪問看護財団、
 全国国民健康保険診療施設協議会、全日本病院協会、在宅ケアを支える診療所・市民全国ネットワーク、
 日本ホスピス緩和ケア協会、日本ホスピス・在宅ケア研究会、日本在宅ホスピス協会
(順不同、一部敬称略)
後援(予定) 厚生労働省、公益社団法人日本医師会、公益財団法人長寿科学振興財団、公益社団法人日本看護協会、公益社団法人日本薬剤師会、公益社団法人 日本歯科医師会 (順不同)
お問い合わせ先 第17回在宅医療推進フォーラム事務局
[委託先] ランドマークス株式会社
電話:052-990-1046
メール:forum2021@zaitakuiryo-yuumizaidan.com
[財団事務局] 公益財団法人 在宅医療助成 勇美記念財団 事務局
〒102-0083 東京都千代田区麹町3-5-1 全共連ビル麹町館
電話:03-5226-6266

お申し込みはこちらから

プログラム

総合司会 鶴岡 優子(つるかめ診療所 所長)
12:45~12:50 開会の辞
住野 耕三(在宅医療助成 勇美記念財団 理事長)
12:50~12:55 挨拶
新田 國夫(日本在宅ケアアライアンス 理事長)
12:55~13:55

ブロックフォーラム
「Withコロナ時代の在宅ケア ~期待される新たな役割~」(全国在宅療養支援医協会企画)

【講演】
青森県八戸市 小倉 和也(医療法人 はちのへファミリークリニック 理事長 医師)
静岡県静岡市 渡邉 宏春(さくらばし歯科医院 院長 歯科医師)
茨城県古河市 宇田 和夫(古河薬剤師会 副会長 薬剤師)
東京都国立市 葛原 千恵子(国立市健康福祉部 地域包括ケア・健康づくり推進担当部長)
山形県鶴岡市 小川 豊美(株式会社とよみ 代表取締役 管理栄養士)
座長    太田 秀樹(日本在宅ケアアライアンス 事務局長)
13:55~14:00 住野勇氏を偲んで
辻 哲夫(東京大学 高齢社会総合研究機構・未来ビジョン研究センター 客員研究員)
14:00~14:10 休憩
14:10~14:50

基調講演①「人それぞれの老いと死」

【演者】
小堀 鷗一郎 (社会医療法人社団 堀之内病院 名誉院長)
【座長】
荒井 秀典 (国立長寿医療研究センター 理事長)
14:50~15:20

基調講演②「COVID- 19 に対する政府の取り組み」

【演者】
樽見 英樹 (前厚生労働事務次官)
【座長】
飯島 勝矢(東京大学 高齢社会総合研究機構 機構長・未来ビジョン研究センター 教授)
15:20~15:30 休憩
15:30~16:55

シンポジウム「COVID- 19と対峙した私たちの挑戦」

【シンポジスト】
鈴木  央(在宅医療助成 勇美記念財団 理事)
宮本 雄気(よしき往診クリニック)
岩本 大希(ウィル訪問看護ステーション江戸川 所長)
高山 義浩(沖縄県立中部病院 感染症内科・地域ケア科 副部長)
蘆野 吉和(山形県庄内保健所 所長)
【指定発言】
伊原 和人(厚生労働省 医政局長)
【座長】
武田 俊彦 (日本在宅ケアアライアンス 副理事長)
16:55~17:00 閉会の辞
大島 伸一(国立長寿医療研究センター 名誉総長)

※開場から開演までの間ならびに休憩時間に、〔映像〕『地域で支える医療的ケア児~支援法制定と小児在宅医療~(仮)』をご紹介いたします。

(50音順・敬称略)

お申し込みはこちらから