第16回「在宅医療推進フォーラム」

開催概要

タイトル 第16回「在宅医療推進フォーラム」
With コロナ時代の在宅医療 ~暮らしと生きがいを支える~
日時 2020年11月23日(月・祝) 13:00~17:00 (開場12:45)
開催形式 YouTubeライブを利用したオンライン形式
会場開催(感染対策を行った上で来場者250人(上限)として開催予定)
会場
(先着250名限定)
東京ビッグサイト 会議棟7階 国際会議場
(〒135-0063東京都江東区有明3丁目11番1号)
アクセス:モノレール ゆりかもめ「東京ビッグサイト駅」徒歩5分、JRりんかい線「国際展示場」徒歩10分
定員 WEB参加:上限なし / 会場:先着250名
開催内容 プログラム
主催 国立研究開発法人 国立長寿医療研究センター、公益財団法人 在宅医療助成 勇美記念財団
共催(予定) 日本在宅ケアアライアンス(JHHCA)(在宅ケアを支える診療所・市民全国ネットワーク、
全国国民健康保険診療施設協議会、全国在宅療養支援医協会、全国在宅療養支援歯科診療所連絡会、
全国訪問看護事業協会、全国薬剤師・在宅療養支援連絡会、全日本病院協会、日本介護支援専門員協会、
日本ケアマネジメント学会、日本在宅医療連合学会、日本在宅栄養管理学会、日本在宅ケア学会、
日本在宅ホスピス協会、日本プライマリ・ケア連合学会、日本訪問看護財団、日本訪問リハビリテーション協会、
日本ホスピス緩和ケア協会、日本ホスピス・在宅ケア研究会、日本老年医学会)
後援(予定) 厚生労働省、公益社団法人日本医師会、公益財団法人長寿科学振興財団、公益社団法人日本看護協会、
公益社団法人日本薬剤師会、公益社団法人日本歯科医師会(順不同)
資料発送(終了後) 参加者全員に、フォーラム終了後、当日スライド等をまとめた報告書を必ず1部送付します。
申込締切 2020年11月17日(火)まで

お申し込みはこちらから

申込にあたり注意事項等

参加申込について ・WEB参加、会場参加、共にメールアドレスの登録が必須となります。
・会場参加は、ホームページからの申込のみとし、FAX等ではお受けいたしません。
・申込完了の返信はいたしません。(メール・FAX等)
・視聴参加は11月17日(火)に受付終了予定です。
・会場参加は先着250名になり次第、受付終了します。
直前案内について ・参加申込者には、11月上旬以降に申込メールアドレス宛に視聴に関するご案内をいたします。
・会場参加者には、11月上旬以降に聴講券を送付しますので、当日必ずご持参ください。
 ※感染状況によっては来場中止とする可能性がございますので、ご了承ください。
  来場に伴うキャンセル料等は、負担いたしません。
その他 ・案内メールが届かない場合は、運営事務局までお問い合わせください。
・個人情報は申込受付、希望資料の発送、財団からのお知らせ等に利用し、その他の目的では利用しません。
・その他申込に関する不明な点は、運営事務局までお問い合わせください。
お問い合わせ先 第16回在宅医療推進フォーラム 運営事務局
〔委託先〕ランドマークプロダクツ株式会社
     メール:forum2020@zaitakuiryo-yuumizaidan.com

公益財団法人 在宅医療助成 勇美記念財団 事務局
〒102-0083 東京都千代田区麹町3-5-1 全共連ビル麹町館
TEL : 03-5226-6266 FAX : 03-5226-6269

プログラム

                                         総合司会 鶴岡 優子 (つるかめ診療所 所長)
13:00~13:05 開会の辞
 住野 耕三 (在宅医療助成 勇美記念財団 理事長)
13:05~13:10 挨 拶
 新田 國夫 (日本在宅ケアアライアンス(JHHCA) 議長)
13:10~13:25
基調講演①
 「在宅医療の概念と構造について~JHHCA基本文書より~」
  演 者 辻  哲夫 (東京大学 高齢社会総合研究機構・未来ビジョン研究センター 客員研究員)
  座 長 大島 伸一 (国立長寿医療研究センター 名誉総長)
13:25~13:40 基調講演②
 「我が国の在宅医療の方向性(仮)」          
  演 者 迫井 正深 (厚生労働省 医政局長)
  座 長 新田 國夫 (日本在宅ケアアライアンス 議長)
13:40~14:20
ブロックフォーラム 全国在宅療養支援医協会企画
 
演 者「ICT医療介護連携システムを地域社会のインフラに」
      [東 海]野田 正治 (日本医師会 理事・愛知県医師会 副会長)
    「   」
       [沖 縄]高山 義浩 (沖縄県立中部病院 感染内科・地域ケア科 副部長)
    「   」  
      [北関東]髙橋 昭彦 (ひばりクリニック 院長)
    「地域の多職種連携を土台としたコロナ対策の試み」
      [東 北]小倉 和也 (はちのへファミリ-クリニック 理事長)
 座 長 鶴岡 優子 (つるかめ診療所 所長)
14:20~14:35
基調講演③ 
 「暮らしと生きがいを支える在宅医療」
演 者 荒井 秀典 (国立長寿医療研究センター 理事長)                    座 長 飯島 勝矢 (東京大学 高齢社会総合研究機構 機構長・未来ビジョン研究センター 教授)
14:35~14:45  休 憩 (10分)
14:45~15:00

基調講演④ 
 「コロナ禍での看取り」

  演 者 市原 美穂 (ホ-ムホスピス宮崎 理事長)
  座 長 太田 秀樹 (日本在宅ケアアライアンス(JHHCA) 事務局長)
15:00~16:50

シンポジウム「Withコロナ時代の在宅医療」

 座    長 武田 俊彦 (岩手医科大学 客員教授)
 シンポジスト 大友 宣  (静明館診療所)
        英  裕雄 (新宿ヒロクリニック 院長)
        蘆野 吉和 (山形県庄内保健所 所長)
        秋山 正子 (マギ-ズ東京 センタ-長)
 指定発言   迫井 正深 (厚生労働省 医政局長)
        高山 義浩 (沖縄県立中部病院 感染内科・地域ケア科 副部長)
16:50~16:55 閉会の辞
 住野 耕三 (在宅医療助成 勇美記念財団 理事長)
(50音順・敬称略)

お申し込みはこちらから