第15回「在宅医療推進フォーラム」

開催概要

タイトル 第15回「在宅医療推進フォーラム」
生きがいを支える在宅医療 ~新時代の地域共生社会を目指して~
日時 令和元年11月23日(土・祝) 9:00~17:05 (開場8:45)
場所 東京ビッグサイト 会議棟7階 国際会議場
(〒135-0063東京都江東区有明3丁目11番1号)
アクセス:モノレール ゆりかもめ「国際展示場正門」徒歩5分、JRりんかい線「国際展示場」徒歩10分
定員 1,000名
開催内容 プログラム
主催 国立研究開発法人 国立長寿医療研究センター、公益財団法人 在宅医療助成 勇美記念財団
共催(予定) 日本在宅ケアアライアンス(在宅ケアを支える診療所・市民全国ネットワーク、
全国国民健康保険診療施設協議会、全国在宅療養支援診療所連絡会、
全国在宅療養支援歯科診療所連絡会、全国訪問看護事業協会、全国薬剤師・在宅療養支援連絡会、
全日本病院協会、日本介護支援専門員協会、日本ケアマネジメント学会、日本在宅医学会、
日本在宅医療学会、日本在宅栄養管理学会、日本在宅ケア学会、日本在宅ホスピス協会、
日本プライマリ・ケア連合学会、日本訪問看護財団、日本訪問リハビリテーション協会、
日本ホスピス緩和ケア協会、日本ホスピス・在宅ケア研究会、日本老年医学会)
後援 厚生労働省、公益社団法人日本医師会、公益財団法人長寿科学振興財団、公益社団法人日本看護協会、
公益社団法人日本薬剤師会、公益社団法人日本歯科医師会(順不同)
お問い合わせ先 公益財団法人 在宅医療助成 勇美記念財団 事務局
〒102-0083 東京都千代田区麹町3-5-1全共連ビル麹町館4階
TEL : 03-5226-6266(平日9:00~17:30)
FAX : 03-5226-6269

フォーラムは終了しました。
当日資料ご希望の方は下記よりお申込みください(数量限定)

お申し込みはこちらから

プログラム

◆第一部
09:00~09:05 開会の辞
住野 耕三(公益財団法人 在宅医療助成 勇美記念財団 理事長)
09:05~12:00
【総合司会】
  和田 忠志 (全国在宅療養支援診療所連絡会 教育研修局長)
【挨 拶】
  新田 國夫 (日本在宅ケアアライアンス(JHHCA) 議長・全国在宅医療支援診療所連絡会 会長)

11ブロックフォーラム報告

【報告】
北海道、東北、北関東、東京、首都圏、甲信越、東海・北陸、近畿、中国、四国、九州
 司 会
中野 一司 (全国在宅療養支援診療所連絡会 IT・コミュニケーション局長)
【報告「日本在宅ケアアライアンス 活動報告】
飯島 勝矢 (東京大学高齢社会総合研究機構 教授)
シンポジウム「地域における看取り率を検証する」
【シンポジスト】
  高林 克日巳  (千葉大学 名誉教授/三和病院 顧問)
  野田 正治   (野田内科小児科医院 院長/愛知県医師会 理事)
  名取 直美   ((株)富士通総研コンサルティング本部行政経営グループチーフシニアコンサルタント)
 座 長
  太田 秀樹   (全国在宅医療支援診療所連絡会 事務局長)
12:00~13:00 休 憩(自由昼食)
◆第二部
13:00~13:30

報告「財団と歩んだフォーラムの歴史」

報 告 太田 秀樹   (全国在宅医療支援診療所連絡会 事務局長)
報告「新しい共同声明について」
報 告 蘆野 吉和(日本在宅医療連合学会 代表理事会長)
座 長 田城 孝雄(放送大学 教養学部 教授)
13:30~14:20
基調講演「2040年の多元的社会に向けた地域包括ケアシステムの深化」
演 者 田中  滋(埼玉県立大学 理事長)
座 長 荒井 秀典(国立長寿医療研究センター 理事長)
14:20~14:35 休憩
14:35~17:00

シンポジウム「生きがいを支える在宅医療」

【シンポジスト】
  及川 ゆり子 (静岡県介護福祉会 会長)
  坪井 博文  (厚生労働省医政局地域医療計画課在宅医療推進室 室長補佐)
  高砂 裕子  (全国訪問看護事業協会 常務理事)
  織田 正道  (全日本病院協会 副会長)
コメンテーター
  大島 伸一 (国立長寿医療研究センター 名誉総長
【座 長】
  新田 國夫  (日本在宅ケアアライアンス(JHHCA) 議長・全国在宅医療支援診療所連絡会 会長)
  筒井 孝子  (兵庫県立大学大学院経営研究科 教授)
17:00~17:05 閉会の辞
辻  哲夫 (東京大学高齢社会総合研究機構 特任教授)
(50音順・敬称略)
フォーラムは終了しました。
当日資料ご希望の方は下記よりお申込みください(数量限定)

お申し込みはこちらから