①「在宅医療現場の心のケア」
②「在宅医学と地域看護・家族看護の接点」
③「災害時の在宅医療」

ワークショップ2:C『在宅における緩和ケア』

  1. 緩和ケアの現状と課題
    林 章敏氏 (聖路加国際病院 緩和ケア科)
  2. 緩和ケアチームから在宅へ
    三浦 邦久氏 (順天堂大学医学部麻酔科学ペインクリニック講座)
  3. 精神科と終末期在宅医療 -精神障害者の家族例から-
    広沢 正孝氏 (順天堂大学スポ-ツ健康科学部 教授)
  4. ターミナルケアからつながる「喪の過程におけるグリーフケア」
    森 清氏 (本郷診療所)

座長:稲葉 裕氏 (順天堂大学医学部 教授)
  :森 清氏 (本郷診療所)

ワークショップ1:B『在宅医療における地域看護のあり方Ⅰ』

  1. 在宅移行期の退院指導のあり方(利用者の立場に立ったアセスメントとは)
    佐野 けさ美氏 (千葉県訪問看護ステーション連絡協議会 会長 みやのぎ訪問看護ステーション 所長)
  2. 在宅移行時のケアマネジャ業務・訪問看護を通じての現状と課題
    大木 信子氏 (八日市場市民総合病院地域ケア部 管理者)
  3. 在宅療養者の生活に沿ったケアに向けての看護教育の現状と課題
    上野 まり氏 (神奈川県立保健福祉大学看護学科 講師)
  4. 病院における在宅移行時の支援の現状と課題
    大神 ヨシ子氏 (新都市医療研究会君津会玄玄堂君津病院 看護部長)

座長:樋口 キヱ子氏 (順天堂大学医療看護学部 助教授)

ワークショップ4:B

『新潟県中越大震災を経験して -災害時に求められた医療は何か?-』
講師:内藤 万砂文氏 (長岡赤十字病院 救命救急センター 部長)

『災害時の在宅難病患者の支援』
講師:溝口 功一氏 (国立静岡てんかん・神経医療センター 神経内科 統括診療部長)
座長:石垣 泰則氏 (城西神経内科クリニック)

指定発言:『災害時の総合支援体制について』
レシャード・カレッド氏 (医療法人社団健祉会 理事長)